840.

By in blog

840.ココロはスーハー ココロは広いときもあれば、 狭いときもある。 スーハースーハー 呼吸しているから。 気にすることないさ。 狭くて苦しくなったら、 勝手に広がっていくよ。 広がっていくことを 悪いことだって思わないことさ。

839.

By in blog

839.人を喜ばせることのほうが簡単 自分が何をやりたいかを考えるより 人を喜ばせることのほうが簡単。 自分のためより、人のために動けるように 人間はできているのかもしれない。 迷ったら、誰かを喜ばせることを。 そのなかから、やりたいことが見えてくるかもしれない。

838.

By in blog

838.必死になるな夢中になれ 必死より夢中。 何かをするとき大人は必死になり 子供は夢中になる。 必死は誰かの目線を意識しているけど 夢中は誰にも意識は向いていない。 夢中は無中であり、 損得も勝ち負けも越えて ただ目の前のことだけに集中する姿に 人のココロはざわざわ動く。

837.

By in blog

837.感動できる柔らかいココロ 青春は十代のある時期のことじゃなくて いろんなことに感動できる柔らかいココロの状態を言うんだよ。

836.

By in blog

836.自分のせいにすると変わるきっかけが見えてくる 人のせいにすると、自分は何も変わらない。 自分のせいにすると、 苦しいけれど、変わるきっかけが見えてくる。​

835.

By in blog

835.自分の視点と距離 ココロが汚れているときは自分のことばかり考えている時。 ココロがきれいになるときは人のためになることをやっている時。 宇宙から見る地球は言葉にできないくらいきれいだそうだ。 確かに世界には絶景がいくつもあるけれど、 自分の国、そして町になるにつれてだんだん汚れが目立つようになり 自分にまでクローズアップすると 汚れていることのほうが多くなる。 きれい、汚いは、視点の置き方に大きく関係しているのかもしれない。

834.

By in blog

834.生きる居場所 他と比べて見えてくる居場所は本来の自分の場所ではないのかもしれない。 間違いながらも自分を少しずつ積みあげてきた所に生きる居場所は見えてくる。

833.

By in blog

833.与え合いの道の上にココロは通う つながることは、気持ちを与え合うこと。 与え合ってできる道の上にココロは通う。

832.

By in blog

832.どんなに暑い日でもありがたい どんなに暑い日でもやってきてくれたことがありがたい

831.

By in blog

831.喜びは苦しいことの先にある 体がジンジンするほどの喜びは苦しいことの先にある。

830.

By in blog

830.自分の内なる声に聞き耳を立てる まわりの声にばかり気をとられず 自分の内なる声に聞き耳を立てよう。

829.

By in blog

829.おまけ上手な人は人生上手な人 思っていたより ちょっと多くもらえると かなりうれしくなるのは ぼくだけかな

おまけ上手な人は、人生上手な人。

828.

By in blog

828.がんばっている人がかっこいい夏 誰かのために額に汗して がんばっている人が かっこよく見える夏。

827.

By in blog

827.頂点よりも頂上へ 他人と競う頂点より、自分の描く頂上へ。

826.

By in blog

826.二人で未来へ 楽しみはわけあって、気持ちは与えあって。 かなしいことは半分に、いいことは二倍に。 二人がつながって、未来につながっていく。

825.

By in blog

825.風を感じよう 向かい風のときはチカラをつけるとき。 追い風はのときは思いきり走るとき。 風を感じないところにいるとなにも起こらないよ。

824.

By in blog

824.大ごえでココロの大そうじ 大ごえでココロの大そうじ。

823.

By in blog

823.自分が信じられるようになる 自分を信じ続けると、自分が信じられるようになる。

822.

By in blog

822.良い人より優しい人に 良い人より、優しい人に。 良より優のほうがいいって昔からいうからね。

821.

By in blog

821.ただ今を歩む 人生という命のゴールは、 いつ見えてくるかわからない。 明日かもしれないし、十年後かもしれないし、 数時間後かもしれない。 誰にもわからない見えないゴール。

だから、今なんだ。 今できること。今だからできること。 先を見すぎず、後戻りすることなく ただ、今を歩む。

820.

By in blog

820.言葉は波になる やさしい言葉をかけると、 その相手もやさしい言葉を誰かにかけ かけられた人がまた別の人へと やさしさが波となって広がっていく。 ちいさなひと言が、 つながりつながって波になる。 遠くに見えるやさしい波は、 ずっと前の君のひと言から 始まったのかもしれない。