899.

投稿者: カテゴリー: blog

899.褒めるは気づき 何かを始めるときって、褒められることが きっかけになっていることが多いのかもしれない。 小さいころに始めた野球も、 カヌーに凝ったきっかけも、 仕事を始めるきっかけも、 直接的でじゃなくても、近くのところを コショコショっと褒められたのがきっかけとなって 始まっていたりする。

自分で見つけられると一番いいけれど、 しっかりと潜っているから 本人にも見えていないことが多いのかもしれない。 だから、誰かのいいところを見つけたときは、 そこに才能があるかもよって教えてあげよう。 褒めるって、気づきを与えてあげることでもあるんだね。

898.

投稿者: カテゴリー: blog

898.喜ばせようは楽しい 良いことをしよう!といっても、わかりづらいけど、 喜ばれることをしよう!は、わかりやすい。 喜ばせよう!は、わかりやすくて、さらに楽しい。

897.

投稿者: カテゴリー: blog

897.今を積み重ね未来は変わる 5年先のことをどうこうすることはできないけれど、 5年後のために、今、やるかやらないかを 判断することはできる。 そして、それが5年後の現実に 何かの影響を与えるひとつになることは確かだ。

今を積み重ねることで、未来は少しずつ変わっていく。

896.

投稿者: カテゴリー: blog

896.何を選んで何を捨てるか 忙しいときほど、やるべきことが増えてくる。 試されているんだろうなぁ。 何を選んで、何を捨てるか。

895.

投稿者: カテゴリー: blog

895.汗と涙は心身の洗濯 汗はカラダの洗濯。 涙はココロの洗濯。 流せばサッパリするよね。

894.

投稿者: カテゴリー: blog

894.つべこべ言わずスタートをきる スタートラインに立つ準備をしても スタートラインには立っていない。 スタートラインに立てたとしても、 まだスタートはしていないということは 何も始まっていない。 スタートラインの手前と向こうには 大きな隔たりがある。 みんなそれぞれ抱えているものは違うけれど スタートラインを越えた人を応援したいし ゴールまでたどり着いた人を つべこべ言わず称えたい。

893.

投稿者: カテゴリー: blog

893.体頭ココロストレッチ 体が硬くなるとケガをしやすくなる。 頭が硬くなると融通がきかなくなる。 ココロが硬くなると何も感じなくなる。 体だけでなく、頭にもココロにもストレッチが大切。 縮めて伸ばして、引っ張って、時にはたたいてほぐしてやれば 思考や感覚がリフレッシュされ、新たな活力が生まれてくる。

892.

投稿者: カテゴリー: blog

892.不平不満があるときは自分を見直す 不平不満だらけのときは、自分自身を見直すとき。

891.

投稿者: カテゴリー: blog

891.向かい合おう勇気を出して 話しがしたいなら、向き合えばいいのに。 わかりあいたいたいなら、話せばいいのに。 ちょっとのことなのに。 その、ちょっとのことができない自分。

890.

投稿者: カテゴリー: blog

890.がんばっている人はがんばっている人が好き がんばっている人は、がんばっている人が好き。 だから、がんばっている人と仲良くなりたかったら、 自分を必死でアピールするより、 がんばり続れば、どこかで必ず繋がりが見えてくる。

889.

投稿者: カテゴリー: blog

889.少し環境を変えてみる その場所から動いてみると見える景色は変わる。 さらに動いてみるとまわりにいる人が変わる。 すると、自分の意識も変わり始める。 変わりたいと思ってもどうしても変われないとき 少し環境を変えることもひとつの方法じゃないかな。

888.

投稿者: カテゴリー: blog

888.感謝する人は身近に 最近、遠くの人ばかり意識して、頭を下げているような気がする。 本当に感謝する人はもっと身近にいるんだよなぁ。

887.

投稿者: カテゴリー: blog

887.いい線いってる 行きたい思っていた場所に行けたことがあるし 会いたいと思っていた人に会えたこともある。 勝ちたかった相手に勝ったことがあるし 自己目標を達成したこともある。 幸せだってたまには感じたりする。

大きさを考えなければ ずいぶん夢や希望をかなえてきたはずなのに かなえてしまうと忘れてしまう。

そして、夢や希望をかなえたことがないと 平然と言いのけてしまうのだ。

少し立ち止まって過去を振り返れば したいと思って経験できたことはたくさんある。

もちろん、できなかったこともたくさんあるけれど、 できたことにフォーカスすると、 がんばってきた自分が見えてくる。

いい線いってるよ。 たまにはそう言って自分を褒めてあげたいと思う。

886.

投稿者: カテゴリー: blog

886.考動力​ いくら考えても、動いてみなきゃ できるかどうかわからない。 とわかっていながら、考え続けているのは、 考えているフリをして 時間を引き伸ばしているだけかもしれない。 次々と自分のしたいことをやっていく人は、 考えることと、動くことを交互にしている。 考動して考動して考動し続ける。 まず今日考えて明日できること。 忙しくてもできることは、きっとある。

885.

投稿者: カテゴリー: blog

885.出来事に意味はない ひとつの出来事にたいして めんどくさ!と思う人と、 知らんぷりをしようと思う人と、 ラッキー!と思う人がいる。 と、もう一人、ラッキーだと考えよう という人もいる。

どれを選ぶのも自由だけど いろんな出来事をラッキーだと考えることができれば ラッキーは確実に増えるよね。

出来事に意味はない。 意味を与えるのは自分。

884.

投稿者: カテゴリー: blog

884.やりたいことはやる あれもやらないといけない。 これもやらないといけない。 そして、あそこにも、向こうにも 行かないといけない。

しないといけないことばかりで 1日が埋め尽くされている。

それで一年が埋まり そのままいけば10年が しなければならないことで、 きれいに埋まってしまう。

「やりたい」よりも「しなきゃいけない」を ついつい優先してしまいがちだけど しなきゃいけないことの方が 強いんだからしょうがない。

だから、やりたいことがある時は ちょっと踏ん張ってでも やってしまった方がいい。

ささいな「やりたい」ことを実行していると 大きな「やりたい」ことが見つかったときに はずみがつく。

今日やりたいことはやっておく。 それが未来の大切な時に効いてくるよ。

883.

投稿者: カテゴリー: blog

883.誰かが決めた事よりも自分が決めた事を そんなんあかんのに決まってるやん! というのはとてもラクなこと。 だけど、ラクなことにロクなことはない。 世の中の流れがそうだから、 多くの人がそう言うからと勝手に決めつけている。

他人の決めたことで頭が支配されているほど 息苦しいと苦しむことになる。

人と一緒のことがいいなんて誰が決めたんだろう。 自分で決めたらいいんだよ。

今日のランチくらい自分の好きなところで 食べたらいいじゃない。

誰かのことばかり気にするよりも もっと、自分のことを気にしてあげたらどうかな。

882.

投稿者: カテゴリー: blog

882.大切なのは状態ではなく人の性根 時が経てば潮は満ち、時が経てば引いていく。 きれいな海は、潮が満ちても引いてもきれいだし 汚い海は、どちらであっても汚い。

人にも潮の満ち引きのように いい時もあればよくない時もある。 それは誰にもあるごくごく自然なこと。

それよりも、ぼく自身があなた自身が きれいであるかどうか。

汚い言葉で自分を汚していると、 いつでも汚い自分になるし、 きれいな言葉で自分を磨いている人は いつでもきれいに見える。

大切なのは、状態ではなく 人としての性根を磨くことなんだと思う。

881.

投稿者: カテゴリー: blog

881.小さな矛盾を減らす

休日くらいゆっくりしたいなぁ〜 きれいな海を見ながら一週間すごしてみたいなぁ〜 南の島で何もしないで一年を過ごしたいなぁ〜

そんなことを思いながら毎日を過ごして、 だけど、ノートを開くと いつかはおっきな夢を叶えるんだって 書いていたりする。

なにもしない日々を望みながら、 おっきなことを夢見ている。 悲しいくらいの矛盾のなかで、 どちらにも向かうことができずに立ち尽くす。

大きな矛盾を減らすために 毎日の小さな矛盾を減らしてみる。 すると、願う方向へと少しずつ流れ出す。

880.

投稿者: カテゴリー: blog

880.決めたのは自分 ぼくがやろうと考えていることは、 本当にやりたいと願っていることとは違うんだ。 そういうと、そんなの当たり前だろう、 生きていかなきゃいけないんだから。 と答えが返ってくる。 自分と自分の問答。

そんなことばかり言って、 やりたくないことを選択していたら 一生やりたいことはできないよね。と 第三者の自分もいたりして。

でも無理だわ、今の状況では。 と言い始める自分。 惑わされるな! 厳しいけど今がチャンスだよ、 という自分もいる。

悩まめば悩むほど たくさんの自分を総動員して 最後の結論は下されているんだよ。

決めたのは自分。 そう言い切ることから、自分の未来は始まるよ。

879.

投稿者: カテゴリー: blog

879.自分の舞台 ホールのステージだけが舞台じゃない。 自分が頑張ろうと思う場所が 自分の舞台なんだから 誰かに踊らさせれるのでなく 思いっきり踊ればいいさ。