1121 心臓は誰が動かしているの。 そして誰が止めるの。 考えてもわかるはずもない。

命とは曖昧なもの。

その曖昧さに輪郭を持たせようと するのが人なのか。

夜空の星のように いつ果てるかもわからぬ 一瞬の輝きを放つのが人なのか。

小さな粒子の一粒が キラリと光る姿を 別の星で眺めている誰かに 見せたくて。

1120 今日会った人に、明日会えるとは限らない。 今日あったモノが、明日あるとは限らない。 今日ピンときたことが、明日にはおわっていることもある。 人もモノもそのときの直感も一期一会。

1119 ひとつのことは、 たくさんのことからできている。 望むひとつのことだけをしていても できるようにはならない。 まわりにあるたくさんのことを整えていくと ある時、ふとできるようになる。

そのことがやっとわかってきた。

1118 目先のことは一大事に思えるけど ​過ぎてみれば些細なことだらけ。​

1116 諦めると、楽になる。 諦めないと、強くなる。

1115 人はそれぞれポイントカードを持っていて。 ​誰かにいいことするとチャリン!と貯まる。 それがたくさんたまったころに、 どこからか思いがけないサプライズとなって 還ってくる。 チャリーン!!!

1114 与えた量と受け取る量は同じ。 ということをベースに考えると しなきゃいけないことが 少し明確になる。

1113 ​欲望を満たすと幸せを感じる。 人に喜んでもらえると幸せを感じる。 欲望を満たす幸せは、 自分のなかで完結してしまうけど 人に喜んでもらう幸せは、 自分もその人も幸せになれる。 仕事とはそういうものであってほしい。

1112 好き嫌いは頼りになる直感。 もっと信じてあげていいと思う。

1111 どうがんばってもできない。 ​そう思えることは、ココロから望んでいることではないのだと思う。 できるかどうかわらかないけどやってみたい。 という気持ちは可能性という扉の前にたたせてくれる。

1110 過去の出来事の良し悪しは、 これからの行いで決まる。 あの時があったから今があるって 言えますように。

1109 あんなことも、こんなことも、 時間は思い出に変えてしまう。 未来の自分は今の自分を見て 微笑んでいるはずさ。 いろいろあったけど面白かった。 あの時は。って。

1108 大人になれば強くなれると思っていたけど、 悩みもするし凹みもする。 自信をなくすときもあれば、 誰かを妬むときもある。 なかなか強くはなれないものさ。 だけど、強くならないといけなくなる時がある。 守るべきものができた時。 それが子供かもしれないし、家族かもしれない。 今まで守ってきたもらった親かもしれないし、 憧れる誰かかもしれない。 負担になるときもあるけれど、 それに向かい合うことで ココロは少しずつ太くなり 強くなっていく。

1107 昨日と今日はそんなに変わらない。 きっと今日と明日もそんなに変わらない。 って思ってる。 だけど、ある時、グッと良くなることがある。 階段を飛び越えたように上手くなる時がある。 0が1になる時だ。 しかし、ガンバっているのに、 なかなか1にならないときがある。 それは、0から1の間には、 見えない小さな数字がたくさんあるから。 その数字が1まで積み上がったときに うれしい瞬間に巡りあう。 人それぞれ数字を積み上げるスピードが違うし 得手不得手があるけれど 続けていけば必ず積み重なっていく。

続けている人の昨日と今日は同じじゃない。 今日と明日も同じじゃない。

1106 吹いてくる風に乗れるときと 乗れないときがある。 乗れると思ったときは躊躇なく駆け上がり、 乗れないと思えば動かないほうがいい。 それぞれにぴったりの風がある。 まわりに惑わされず、 自分の乗る風を見極めたい。

1105 縦の関係、横の関係。 たくさんの出会いがあって 線が面になっていく。

1104 何が欲しい?と聞かれたら 即座に勇気が欲しいとぼくは言う。

1103 みんなと同じで安心。 みんなと同じじゃつまらない。 人は集団で行動することが必要だし、 種のためには多様性も必要。 どちらが正しいというわけでなく 役割なんだろうと思う。 ぼくの役割は多様性側かな。

1102 自分の好きなことを突き詰めることは、 自分を知ることにつながる。 わかっていそうで、わかっていないよな〜 自分のことって。