たくさんの応援ありがとう!

今年が始まった正月。
50歳になる来年に写真家として旅をしよう。
そのことだけを心に決めた。
そのときに、今年の終わりにこのような結果に
なるとは予想もしていなかった。
たくさんの人に応援をしてもらい
旅の資金としてカレンダーを購入してもらい、
気づけば目標のあとわずかのところまで
連れてきてもらった。
今、一人では到底たどり着けなかった場所にぼくはいる。
皆さん本当にありがとう!
まだ50歳の冒険の本番は始まっていないけれど、
本番へ向けての自分が越える壁を
いくつも乗り越えることができた。
それは皆さんの応援があったからであり、
タイミングよくアドバイスもらい
背中を押してもらうことができたからだ。
一歩一歩を刻むのは自分の足だけど、
その一歩を踏み出すチカラを与えてもらった。
50歳の冒険は、ぼく一人のものでもなくなった。
これまでのような気ままな旅ではなく
皆さんの想いもバックパックに入れて歩くことができる。
そのことが何よりチカラになる。
応援ありがとう!
たくさんの人に50歳の冒険を
共有してもらえるようにがんばります!
来年も引き続きどうぞよろしくお願いします!
ありがとうございました!

路上デビュー!

1
たくさんの人に応援していただいている
2017ココロハチマキカレンダー。
今で380冊を越えるまでになりました。
ホントたくさんの人に買っていただいて、
たくさんの人に協力していただいて
ありがたい限りです。
みんな、ありがとう!

カレンダーは、500冊を目標につくりました。
自分でも「やってもたか〜」という数字。
いざ、フタをあけてみると、
たくさんの人に応援してもらって
ここまで来ることができました。

人のココロのあたたかさに触れて、
ジーンとすることもしばしば。

だけど、目標にはまだまだ
たどり着けていない。
何か新たな出会いの場を作らなくては。
そんなことを思っていたときに
巡り巡って巡りあったのが、
路上詩人 肝っ玉ん(きもったまん)だった。

肝っ玉んは、あなたを見てインスピレーションで
メッセージを書く、路上詩人。
それをやっている場所が、
大阪のど真ん中の人の流れが一番多いところ。
2

すっごいなぁ。
ぼくには絶対できへんわ〜
この度胸はどこから来るんやろか。
と考えているうちに、
もしもこの度胸があれば
新たに巡りあえる人が増えるかもしれない。
そんな気持ちが芽生えてきた。

でも、恥ずかしい。
一方で、そう思って逃げる自分がキライ。
でも、一人ではとてもできない。

さんざん悩んだあげく
肝っ玉んに相談すると
全然いいっすよ!一緒にやりましょう!
とあっけらカーンのうれしいコメントくれた。

見よう見まねでせっせと看板をつくり
いざ本番。

肝っ玉んに場所を決めてもらい
その横でシートを広げ始めると
あ〜ついにここに来たか。
そんな想いが浮かんできた。

そう思うと、なんだかココロが穏やかになった。
準備をして腰を下ろすと、
たくさんの足という足が絡むことなく
目の前を通りすぎていく。
見上げると、通り過ぎる人が看板をチラッと
見てくれている。
立ち止まってくれる人はほとんどいない。
だけど、清々しい気持ちだった。
自分が思う場所に来れたことがうれしかった。
そして、全力で手伝ってくれる肝っ玉ん、
背中を押してくれた笑顔工房のおかあちゃんに
感謝の気持ちでいっぱいになり、
下を向くことができなかった。

その日、話をしに立ち寄ってくれた人たちは6組。
すべてぼくの知らない人ばかり。
高校生や20代の社会人、若いカップル。
見ず知らずの人に自分の夢を語り、
その人の夢を聞き、悩みやグチを聞く。
3

4

カレンダーを買ってもらうことが目的だったけど
それ以外にたくさんのことを学んだ気がする。
まだまだ消化できていないから言葉にできないけど
これから少しずつ意識となって
現れてくるのだと思う。

自分が思う方向へ自分は進んでいく。
その一歩を踏み出すことができれば。

路上カレンダー販売、まだやります!
そして、今まで感じることができなかった
学びを増やしていきたい。

50歳の冒険ブログを始めます!

うえやまあつしと申します。
漢字で書くと上山敦司です。
最初に漢字から入ると、ほとんどの方にカミヤマさんと言われます。たまにジョウヤマさんと言われ、そして稀にうえやまさんと呼ばれます。
なので、ひらがなにしています。
初めての方も、お知り合いの方も、あらためましてよろしくお願いします!

ぼくは来年でめでたく50歳を迎えます。半世紀生きて来られたことに感謝しつつ、これからを新たな道に進もうと、 写真家としてやっていく決意をしました。
そして、来年4月から<50歳の冒険>としてキリスト教の聖地の一つ、スペインにあるサンチアゴ・デ・コンポステーラを目指して撮影の旅に出ます。この巡礼の旅についてはこちらに書いてますので、ご興味ある方はご覧ください。

そして今日から不定期ですが、<50歳の冒険>のブログを始めます。
まだ巡礼が始まっていないのに、なぜブログなの?と思われるかもしれません。ぼくもそう思っていたんです。来年4月の出発までにブログを立ち上げればいいかと。
だけど、あるところで<50歳の冒険>の話をしていると、「うえやまさん、もう冒険はとっくに始まってますよ。今までの準備やトレーニングなどすべてが冒険じゃないですか」そう言っていただいたのが、大阪の中崎町にあるブックカフェ&ギャラリーiTohen(イトヘン)のオーナー鰺坂さんでした。
どんなことにも準備があって本番があって結果がある。そのすべての工程が見えて冒険は完結するのか。なるほどなぁ〜と思い、ブログを始めることにしました。

なぜ旅をはじめようと思ったのか、なぜサンチアゴ巡礼道に決めたのかなどなどは、これから少しずつ書いていきたいと思います。
よろしくお願いします!